韓国の便秘改善お茶!冬葵葉茶トンギュヨプ茶の副作用ってある?

美容大国韓国から来た便秘茶

冬葵葉茶とは?

韓国では熱烈なファンも多い冬葵葉茶トンギュヨプ茶には、注意が必要です

副作用が無い、ダイエットに良い、美容に良い、肌が綺麗になる

信じられないレビューをネット上で見かけますが、実際のところどうでしょうか?

 

まず、韓国という国は、外見について、特に女性は非常に美意識が高いと言われています

整形大国でもありますし・・・BBクリームなど、世界中で愛用されている化粧品も、韓国からの輸入だったということも多々あります

ダイエットについても、当然韓国では、多くの商品が販売されています

 

その中でも、冬葵葉茶トンギュヨプ茶は非常に人気のある商品です

日本でも、多くの方が耳にしたことがあるのではないでしょうか?

冬葵葉茶トンギュヨプ茶はハーブ茶です

日本の便秘茶については、大半キャンドルブッシュというハーブが含まれています

キャンドルブッシュの副作用については、この記事を参照ください

冬葵葉茶トンギュヨプ茶は、日本名で和名冬葵(読み:ふゆあおい)と呼ばれるハーブで出来たお茶になります

 

冬にでも花が咲く、冬でも枯れないという意味でつけられた名前です

日本では食べる習慣が無いのですが、中国では食用とされています

また、生薬としても利用されています

 

古くから漢方として、処方されてきたハーブなので、毒性自体ないのですが、副作用については、やはり注意が必要です

妊娠中の便秘や授乳中には飲まない方が良い

妊娠中・妊婦の便秘に冬葵葉茶を飲んでも良いか?

問題はここだけになります

後で説明しますが、健常者であっても、刺激性のあるハーブ茶は副作用があります

 

しかしに、妊娠中は、特に身体に対しての影響を考慮しなくてはなりません

冬葵葉茶については、副作用の一つとして、利尿効果があります

 

一度でも出産を経験した方ならご存知ですが、妊娠中に足がむくんだりします

その際に、通常であれば、ラシックスという薬を処方されるケースがあります

ラシックスには、強い利尿効果があります

 

ところが、妊娠中に処方されることは、あまりありません

何故なら、利尿効果がある=腎臓及び膀胱等の臓器に、一定の刺激を与えるためだからです

つまり、子宮への影響を懸念されるからです

 

結果として、流産や早産、死産などの危険性があるわけです

授乳中についてはノーデーター

また、授乳中の場合も、飲むのは控えた方が良いでしょう

理由としては、医学的なデーターが揃ってないためです

もちろん、危険だというデーターもありませんが、安全だというデーターもありません

 

つまり、未知な部分が非常に多いのです

冬葵葉茶は、最近になって日本でも販売されている新しい便秘茶になります

ただの無害なお茶であれば、別に心配もいらないでしょう

 

しかし、公式サイトでも、ダイエット効果が非常に高い

便秘に対して即効性がある

むくにをすぐに取ってくれるなどといった宣伝文句が書かれています

 

果たして、いくらデーターが無いからと言って、安心して飲用を勧められるのでしょうか?

個人的には、知人で購入を検討している方がいれば、するっと抹茶などの、副作用の心配がないお茶を推薦します

結論:子宮収縮作用のあるお茶は避けた方が良い

このブログでは何度も書いてますが、即効性の高いもの

そして、下剤と同様の効果を得られるものに対しては、副作用を心配した方が良いと提唱しています

冬葵葉茶について、個人的な見解を述べると、便秘に対しての効果はあると思います

 

ただ、はぐくみオリゴのような、体質改善に繋がるような効果はなく、むしろ、センナ茶に近いお茶だと思われます

つまり、子宮に対して収縮作用があるというわけです

 

 

おススメ情報

コメントは受け付けていません。