【結論】はぐくみオリゴの効果は評価できるかも

はぐくみオリゴが便秘に効果的だという理由

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴが便秘に効果的である

そして、副作用の怖い妊娠中の便秘には、もっとも適したアイテムであると言えます

ここまでが宣伝ですw

 

確かに効果はありますが、実際何で便秘の症状が改善するのか?

公式サイトを見ただけではさっぱり分りません

そこで、分かりやすくここでは説明したいと思います

はぐくみオリゴ公式はこちら

腸内環境の重要性

誰でも知っていますが、便秘と腸は大きな因果関係があります

そして、腸に生息する微生物・・・特に悪玉菌と善玉菌が大きく便秘に関与します

例えば風邪をひいた時に、必ず抗生物質が処方されます

 

抗生物質というのは、体内にいる菌を死滅させますが、同時に腸内にいる善玉菌と悪玉菌まで殺してしまいます

だから、下痢を起きるのです

もし、抗生物質の副作用で下痢になった時は、胃腸薬や善玉菌の餌になるようなものを処方しますよね

 

このように、善玉菌と悪玉菌のバランスというのは、便に対して影響を持ちます

次にどのような影響を与えているか分かりやすく解説します

まず、便の硬さについてです

 

便が硬いのは悪玉菌の影響

良く間違えたことを書いているサイトを見かけますが、悪玉菌が増えて便を硬くしているのではありません

腸内微生物は、腸自体に影響を与えるのです

便が硬い理由は、ずばり腸から肛門まで出る時間がかかっているせいです

 

便意があるのに便が出ないケースでも触れていますが、腸のぜんそく運動が弱った時(機能的障害)便は出にくくなります

そして、腸の中に滞在していると、便に含まれている水分は腸壁から吸収されます

つまり、便がカチカチに硬くなる原因となるのです

 

善玉菌は、腸のぜんそく運動を活発にします

ところが、悪玉菌が増えると、善玉菌の働きを弱め、結果的に腸のぜんそく運動が鈍くなってくるのです

これが最大の理由なのです

オリゴ糖が善玉菌に良い理由

では、善玉菌を増やせばいいのかと言えば、ヨーグルトを食べる程度では増えません

そもそも、体内に生息する善玉菌は、500種類と言われています

過去には、ビフィズス菌などを含むヨーグルトを飲めば健康に良いと言われていました

 

現在では、飲んですぐ腸に届く・・・生きたビフィズス菌をそのまま運ぶ商品まで出ています

しかしながら、善玉菌は先に述べた通り500種類以上も存在します

意味があるのは、腸内に多く住む善玉菌を増やすことです

 

貴方の腸内に住む善玉菌が、ビフィズス菌であれば意味もあるのでしょうが、確率からすれば低いと言わざるを得ません

また、本当に口の中にある唾液や、胃液や酸などで死なずに腸に届くか?と言えば不明です

 

そこで、もっとも効率的に善玉菌を増やすのは、腸内に住む菌の餌になるものを与えることなのです

はぐくみオリゴは、腸に生息する善玉菌の餌となるので、便秘に効果的だということになります

おススメ情報

コメントは受け付けていません。