妊婦・妊娠中の便秘

妊娠中の便秘の原因とは?

妊娠中便秘になった

妊娠してから便秘になった話は良く聞きます

原因としては大きく分けて二つあります

1.直腸性便秘

直腸性便秘とは、人間の腸には小腸と大腸など分かれていますが、大腸を赤ちゃんが圧迫をしてしまい、結果便秘になるといった症状を言います

妊娠初期では、ほとんど可能性的にはありませんが、妊娠中期から後期にかけて、良く見られます
今まで出産を経験した方は、大体便秘に悩まされたと思います・・・

2.弛緩性便秘

弛緩性便秘とは、ホルモンによって引き起こされる便秘です
女性は妊娠をすると、プロゲステロンというステロイドホルモンが体内で産出されます

プロゲステロンは、妊娠では大変重要なホルモンになります・・・

便秘の原因について、詳しくはこちらのページに記載しています

妊婦の便秘・・・原因は2つだけ知っておけばいい

一般的に様々な要因がある通常の便秘に対して、妊娠したことにより便秘になったケースについては、大半が二つのケースによるものだということです

 

当サイトではするっと抹茶を推薦しています

妊娠中でも副作用無く安心して飲めるお茶

するっと抹茶
するっと抹茶

唯一キャンドルブッシュ系の成分の入っていない便秘茶
はぐくみオリゴと同様、妊婦さんでも飲めます
名前の通り毎日うんちがするっと出る
もちろん腹痛など無いので安心してください

するっと抹茶公式はこちら

価格 容量 評価
1,800円 30日分

妊娠中の便秘にお茶が良い理由

当サイトでは、妊娠中の便秘にお茶を推奨しています

妊娠中の便秘にツボが良い
しかし、ツボの場所を知るだけでは効果がありません

素人が出来る治療法ではないのです

 

同じように運動も、お腹が大きくなっているのに、簡単にストレッチといっても大変です
いつもなら、全然苦にならない10分程度のストレッチでも妊娠中では、かなり疲れも出ます

また、転ぶと危ないので、なかなか実行できません

 

以上のことを考えると、やはり手軽に出来る便秘茶が良いように思えます

妊娠中の便秘の原因を考えると、便秘茶がとても有効に作用します

便が固くなる症状では、食物繊維によって水嵩を増やして、出やすい便に変えることが最善策です

 

詳しくはこちらのページを参照ください

妊娠中の便秘に何故お茶がいいのか?

 

妊娠中の便秘に一番飲んではダメなお茶は?

多くの便秘茶にはハーブが含まれています

ただ、妊婦さんは特にセンナ系のお茶は控えた方が良いでしょう

妊娠中は、胎内の赤ちゃん、及び母体に影響を与えるハーブティーは飲むべきではありません
いくら便秘茶の大半が、天然の食物から取れた成分だとしても、悪影響を与えるケースがあります

では、どのようなお茶が良くないのでしょうか?

 

  • センナ・アセロラ系
  • 妊娠初期・・・ラズベリーリーフ
  • レモングラスなど

 

センナ・アセロラ系は、急激な便意が起き、さらに腹痛に近い感覚があります
下剤に良く使われているハーブですが、やはり妊娠中でも避けるようにした方が正解でしょう

次に、意外と知られていませんが、センナには子宮を収縮させる作用を持ちます・・・

 

詳しくはこちらの記事を参照ください

妊娠中の便秘に一番飲んではダメなお茶はセンナ茶?

するっと抹茶が良い理由

妊娠中の便秘にはするっと抹茶がお勧めです

妊娠中の便秘の原因には直腸性便秘と弛緩性便秘の2種類に分かれます

 

いずれも、妊娠により体のホルモンや、腸の圧迫などが理由となっていて、腸内の環境が悪いなどという理由ではありません
カイテキオリゴが唯一妊娠中の便秘に良い結果をもたらすのは、副作用が無いオリゴ糖なので、飲んでも害にならない程度です

 

それだけ、妊婦さんの便秘を解消する商品というのは少ないのです
ところが、するっと抹茶については、便秘を改善するお茶なのです

 

詳しくはこちらの記事を参照ください

妊娠中の便秘にするっと抹茶が良い理由

妊婦の便秘は痔になることも多い

痔なんて恥ずかしいし、女性はなりにくい
若いから痔とは無関係

まだ出産を経験していない人は産後痔になったという人がどれだけ多いか知りません

 

実は出産前・・・臨月くらいになると女性の2人に1人は痔を患うと言われています
では出産前に痔になってなければ安心かと言えば、そうでもありません

出産の時に、子供を産む際に力をいれていきみます

 

怒責と書いていきみと読みますが、その時に痔になる方も多々います
では、痔の症状としてはどのような物が代表的なのか?・・・

 

詳し気はこちらの記事を参照ください

妊婦の便秘は痔になる場合が多い

 

妊娠中の便秘は早期に改善をした方が良い

病院で入院しての出産だと、専門の医師から下剤等を処方されたかも知れません

 

しかし、妊娠後期になると、なかなか下剤も貰えない場合も多い
母体への影響よりも、生まれてくる赤ちゃんに対しての影響が大きいためです

副作用を考慮した時に、便秘を解消することと赤ちゃんへの影響を天秤にかけなくてはなりません

 

もっとも、妊娠中の便秘には、赤ちゃん自身が腸を圧迫して、便を止めているケースもあります
この場合ですと、出産後便秘が治るので、一時的な便秘になります

 

ただ、注意してほしいのが、出産後便秘が慢性化される人もいます
割合的には半分程度でしょうか

便秘は一度患うと、簡単に慢性化するので、早期改善も考えておいた方が良いでしょう

 

そこで便秘茶で解消しようと考える方もいらっしゃいます
便秘茶は自然の食物から摂取された成分しか使用しませんので、安心と言えます

しかし、ハーブ類などは、妊娠中では取らない方が良いこともあります
食物繊維も同様です

 

便秘茶ブームで、食物繊維さえ取れば良いと考えている人は少なくありません
しかし、食物繊維自体は、腸内や胃の中に残りやすい性質があります

食べ物で食物繊維を取るのは、妊娠中は控えた方が良いでしょう

コメントは受け付けていません。