便秘茶は意外と安いのが特徴

安いお茶

便秘茶は意外と安い

物の値段は、その効果にあえば安く感じます
それでも、気になるのが、毎月に値段

便秘茶は皆さんが思っているほど高いものではありません

 

まず、1000円で一ヶ月分利用できる便秘茶があります
これが最安値かも知れません

実際に効果もあるかと思いますので、毎日飲んでいるジュースに比べれば安くて、体に良い飲み物だと言えるでしょう

 

逆に3000円程度するものもあります
果たして、3000円が高いか?ということですが、一日2本缶コーヒーを飲んでいるのであれば、やめると買えます

 

病院で下剤を処方してもらっても、一回行くと診療代と薬代で2000円程度はいるでしょう
しかも、副作用があって、一時的にしか便が出ない下剤をもらうだけです

もし、現在病院へ通っているのであれば、安い買い物だと思いませんか?

お茶の素材自体は高い

 

便秘茶の素材自体は結構高いと言えます
理由としては、海外で育成されるハーブを使用しているからです

だから、まず輸入品なので、関税がかかります

また、一番値段に影響があるのが、保管方法になります
特に、現地で粉末状にしたり、加工しないのであれば、生の状態で日本へ空輸しなければなりません

そうなると、保管状態が良く無ければ、製品として販売が出来ないのです
だから、便秘茶自体、一ヶ月1000円程度で飲めるというのは、非常に安価であり、なかなかない事です

しかし、日本の食物だけで便秘茶を使えば、多少のコストは抑えられるのかも知れません
ところが、日本で栽培されているハーブはかなり少ないのです

日本の場合、どちらかと言えば、個人が趣味で栽培しているのがメインです

その点海外だと、ハーブを大量に育成している農家もいるので、輸入に頼るしかありません
あと、ハーブの育ちやすい環境は、亜熱帯雨林地方になります

便秘茶の大半はハーブが成分として使われていますので、日本産の便秘茶が難しいのも理解できるでしょう

良く間違えられますが、するっと抹茶の現在料もインドからの輸入です
しかし、1000円程度で飲めるのは、経営側の工夫と言えます

おススメ情報

コメントは受け付けていません。